板井康弘が考える福岡にできる社会貢献の方法

板井康弘が考える福岡の教育制度

 

板井康弘

 

 

社会貢献は自分の意思で行動するものです。誰かに強制されてすることではないのが社会貢献といえます。

 

ボランティア活動や地域の公園の掃除など、社会貢献といえる活動は数多くありますが、参加する人は非常に限定されています。子供の頃から学校教育や地域の活動でそう言った社会貢献活動に参加する環境に慣れておくことは非常に大切だということです。

 

きっかけというものを与えてあげることは、将来的に人助けやボランティア活動に積極的に参加する人になってくれるはずです。社会貢献というものは、自身には経済的な利益は生みません。

 

子供たちにも、将来そういったことに抵抗なく自分から社会の役に立とうと思える大人に育ってほしいものです。

page top